酒粕の「効果」「効能」「栄養」と「酒粕原料の甘酒」について

酒粕の「効果」「効能」「栄養」と「酒粕原料の甘酒」についての音声ファイル

 

米と水と麹を原料として日本酒が作られます。上記の原料を発酵させたのちに濾したものが清酒となります。そして、その際に絞り残ったものが酒粕です。

つまり、酒粕はアルコールを含んでいます。

20150208-sakekasu (3)

アルコール分のみならずに麹の作り出した栄養素をたっぷり含んでいます。酒粕を使えば酒粕味の甘酒が作れます。日本酒好きの方が喜びそうです。

 

酒粕は酒の銘柄によっても風味が違いますので色々な銘柄の酒粕を試してみると楽しそうです。自分の好きな日本酒の銘柄が見つかるかもしれません。

ひょっとすると、「日本酒好きの酒飲みの人」と「まったくお酒を飲まないで甘酒ばかり飲んでいる人」とが日本酒の銘柄の話で盛り上がれるかもしれません。

「君、やけに日本酒の銘柄に詳しいなぁ、日本酒好きか?」

「いえ、私下戸でして、まったくお酒は飲めません。飲むのは甘酒だけです。」

「!????」

 

ちなみに、酒粕にはレジスタントプロテインというタンパク質が含まれています。

酒粕に含まれるレジスタントプロテインは体内の消化酵素で分解されにくく食物繊維の様な働きをします。またコレステロール等の脂質を吸着させて体外排出させるためLDLコレステロール値(悪玉コレステロール)を引き下げる効果や「肥満を抑制する」等の効果があると言われています。

 

成人男性1日に必要なタンパク質は60~70g、成人女性は50~60gと言われていますが酒粕100gの中には約15gと消化酵素で分解されにくいタンパク質(レジスタントプロテイン)とはいえ、結構な量のタンパク質が含まれています。(えんどう豆だと100gで9.2gと納豆だと100gで16.6gくらい)タンパク質が不足すると筋肉が痩せてしまい代謝が悪くなり、ダイエットにも失敗するという悪循環に陥りますので、ダイエットにも効果があるのではないでしょうか?

他にも酒粕には、「ビタミンB1」「ビタミンB2」も多く含んでいます。

ビタミンB1は糖質の代謝を助けることで神経系の集まる脳に栄養を送る助けをしますので「精神的ビタミン」と呼ばれています。勉強疲れや仕事疲れに良さそうです。また疲労物質の乳酸を分解して疲労回復効果もあります。歴史的な事を取り上げますと、ビタミンB1は鈴木梅太郎が米糠から抽出してオリザニンとして脚気予防として注目されたビタミンです。

ビタミンB2は白内障予防や眼精疲労改善に良いと言われています。不足すると老化が進んだり、口内炎になったりする原因になると言われています。水溶性のビタミンのために体内に貯蔵しておくことができないので食生活が良くないと体内不足に陥りやすいので注意が必要なビタミンです。また、過剰に摂取しても尿として排泄されるので障害はおこりにくいと言われています。アンチエイジングのためにも摂取を怠らないようにしたい栄養素です。パソコンで疲れた眼にも良さそうです。

まだまだ、あります。酒粕はその製造過程で微生物が作り出した酵素が100種類以上含まれています。これらの酵素が腸内環境を整えてくれると言われています。そして、腸内環境の改善=美肌効果という結果が期待されます。

 

このように栄養素豊富で健康に効果的な酒粕なので酒粕を使った甘酒は、「酒飲みの方が禁酒する場合」や「休肝日のお酒の代用品」「美容サプリメントの代わり」「仕事疲れの疲労回復飲料」「パソコン疲れの眼精疲労対策」などとしてもお勧めかもしれません。

 

えっ!?

アルコール分を多少含むので厳密な禁酒にはなりませんか?

その場合は、よく沸騰させてアルコール分を飛ばしましょう(笑)

 

美味しい酒粕を選ぶ方法については、過去記事「美味しい酒粕の選び方」をご参照頂ければ幸いです。

美味しい酒粕の選び方

酒粕苦手だなぁ、なかなか水に溶けないし使いにくいし香りが苦手だよ、と思っていました。だから酒粕に砂糖を加えて甘酒を作れると知った時も興味を持ちませんでした。しかし、酒粕にも種類があって美味しい酒粕もあったのです!目からうろこで、自分の酒粕への概念が打ち壊されました。今まで酒粕を毛嫌いしており損していました。そんな美味しい酒粕の選び方について書いておきたいと思います。

美味しい酒粕の選び方の音声ファイル

美味しい酒粕の選び方とは?

一言でいうと「純米大吟醸の酒粕」を選ぶと美味しい場合が多い。ということです。なぜなら、美味しい日本酒の酒粕は美味しいという当然の結論に至るからです。

では、美味しい日本酒とは?と考えていくと日本酒にも作り方によって呼び方が決まっていて、ランキングみたいに分類出来る訳です。その最上位とも言えるのが「純米大吟醸」です。だから「純米大吟醸」の酒粕は大体美味しいと言える訳です。

もちろん好みの問題もありますので一概には「純米大吟醸」が一番美味しいとは言えませんが「純米大吟醸の酒粕であれば「雑味が少ない酒粕」であり「おいしい酒粕にあたる確率」が高くなります。

日本酒を分類するとまず「純米」かどうかで分けられます。「お米」と「米麹(こめこうじ)」だけで作る日本酒が「純米」の名前が付くわけです。では「純米」でない日本酒は他に何を加えているの?という疑問が浮かぶわけですが「醸造アルコール」を加えています。2015-04-11 09.34.29

 

醸造アルコールとは、簡単に言いますとサトウキビなどを原料にして作ったアルコール分です。醸造アルコールを加えた日本酒だからと言って「純米酒」に劣るかと言えば一概にはそうは言えません。しかし、酒粕だけを考えた時に何も添加されていない純粋に「お米」「米麹」だけで作られた酒粕の方が純粋なお米の甘みが残るのでは無いかと思う訳です。

また醸造アルコールを添加することで酒粕に残っていた香りがアルコール分に溶けて日本酒の香りが良くなるという話もあります。だとすると酒粕視点で考えると、酒粕に残るべきものが醸造アルコールに溶け出てしまっているという訳です。だから美味しい酒粕を選ぶという視点からは「純米酒」を選択した方がお勧めという結論になります。

次に、お米の精米歩合(せいまいぶあい)(お米をどれくらい削るか?)がどれくらいかです。日本酒ではお米の中心部以外は「雑味」となります。そのため高級な日本酒に使われるお米は中心部以外を削られます。どれだけ純粋なお米を使うか?によって味が変わってくるという訳です。当然、酒粕の美味しさを考えるとお米を多く削って「雑味」が少ない方が美味しくなる可能性が高くなります。

精米歩合(せいまいぶあい)の高い順番で純米酒の呼び名を並び替えると「純米大吟醸酒」>「純米吟醸酒」>「特別純米酒」>「純米酒」となります。しかも「純米吟醸酒」と「純米大吟醸酒」は低温でじっくりと発酵させるので酒粕が美味しくなる可能性がより高くなるという訳です。

 

これらが「純米大吟醸の酒粕」を選ぶと美味しい場合が多い。と言う理由です。

季節によっては美味しい酒粕が手に入りにくいのとなかなか売っていない場合もあります。私が調べた所では下記の酒粕が口コミでも評判が良くて純米大吟醸でお勧めかと思います。

お勧め1 楯野川酒造 純米大吟醸 酒粕(バラ粕)

縦の川酒造の純米大吟醸酒粕が業務用として10kg単位で破格の値段で販売されています。冷凍すれば1年程度は保存可能です。10kgは大量なので友人などとシェアするのも良いかと思います。また、お値打ち度は目減りしますが400g単位や1kg単位での販売商品もあります。

楯の川酒造は1832年(天保3年)創業の山形県にある老舗です。平成22年より醸造アルコールの添加している酒を全て廃盤にして、全量純米大吟醸の蔵元となっています。特に純米大吟醸の日本酒「清流」などがネットショップでも販売されていて圧倒的な高評価を得ています。

お勧め2 中島醸造 小左衛門 純米吟醸酒粕

中島醸造は1702年(元禄15年)創業の岐阜県瑞浪市にある老舗です。従来ではビニール袋に詰めて近所の方々に少量販売していただけだった酒粕をネット販売するようになったそうです。中島醸造の公式サイトに酒粕レシピが掲載されていてどれも美味しそうなので真似したくなります。

口コミを読むと「フルーティーな香りがする」「酒の風味が強くてまろやか」「爽やか」などの感想がよせられています。

中島醸造は日本酒だけではなく「ゆず酒」「かぼす酒」等も造られている蔵元なので、フルーティーな香りのする爽やかな酒粕が出来上がるのかもしれません。「ゆず酒」「かぼす酒」等は一度は飲んでみたいお酒です。酒粕で作った料理と合わせて飲むのも粋な楽しみ方かも知れません。

お勧め3 八海山(はっかいさん)の酒粕 八海山醸造

超有名な日本酒「八海山」の酒粕です。そもそも八海山とは新潟県南魚沼市にある岩峰群です。霊峰として知られており、山岳信仰の対象となる「八海山」の名を冠する銘酒であり地酒ブームを作ったブランドだと言われています。一度は食べてみたい酒粕の1つです。話の種にも良いかも知れません。

お勧め4 地酒の酒粕

地域ごとにある地酒の酒粕などもどんな味がするのか試してみたら面白いかもしれませんね。当たりはずれはあるかも知れませんが、それも楽しみの1つでは無いでしょうか?

純米大吟醸の美味しい酒粕を知ってから地元の酒粕にチャレンジしてみるのも良いかも知れません。ネット販売していない地元の酒蔵など訪れるてみるのも楽しそうな試みです。

2015-04-11 09.55.20