酒粕を使った料理が美味しい理由

酒粕レシピ

酒粕を料理に使うと味に深みが増します。なぜ味に深みが増すか知りたくありませんか?料理上手になりたい方必見の酒粕の謎解明のブログ記事です。

酒粕は日本酒の「絞りかす」です。「かす」と言うと聞こえが悪いですが、実際は「お米」を「米麹」と「酵母」によって発酵させ水分を取り除いた物です。

別記事「酒粕の「効果」「効能」「栄養」と「酒粕原料の甘酒」について」にて酒粕に含まれている主な栄養素について書きましたが、発酵によりアミノ酸もたくさん含まれています。20170723-sekiya

アミノ酸と言えば「グルタミン酸」や「グアニル酸」などの旨味成分があります。料理に酒粕を加えてやると料理に深みがでる理由です。

「鍋料理」「味噌汁」「スープ」「肉料理」等に使うと料理が美味しくなります。意外ですが、「スイーツ」「甘未」などにも「酒粕」を水でといだ物を少量加えてやると深みがでます。酒粕を使った料理は奥が深いです。

酒かすうるち米玄米純米吟醸酒
エネルギー227kcal168kcal165kcal103kcal
たんぱく質14.9g2.5g2.8g0.4g
アミノ酸組成によるタンパク質142.g2.0g2.4g
水溶性食物繊維0g0g0.2g
不溶性食物繊維5.2g0.3g1.2g0g
亜鉛2.3mg0.6mg0.8mg0.1mg
ビタミンB10.03mg0.02mg0.16mg0mg
ビタミンB20.26mg0.01mg0.02mg0mg
アルコール8.2g12.0g
葉酸170µg3µg10µg0µg

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)の「穀物」「調味料及び香辛料類」よりエクセルデータを参照してとりまとめした「酒粕」「うるち米」「玄米」「純米吟醸酒」の栄養素比較表

※成分表を見ますと、100gあたりアルコールが8.2g含まれています。アルコール度数8.2%ですね。

※酒粕はうるち米や玄米と比べて「アミノ酸組成によるタンパク質」が圧倒的に多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました