美味しい本物の味醂(みりん)!おすすめはどれ?

おすすめ調味料

「本物のみりん」という言葉を聞いて「何それ?みりんはみりんだろ?」可笑しなことを言う物だ。と感じたのですが、違和感に負けて調べてみると今まで私が使っていた「みりん」は偽物というか「化学合成で作られた別物」だと知ったのでした。

ブドウ糖、水あめ、香料、グルタミン酸・・・

そんな添加物で「みりん」に似せて作られた悲しい調味料それが「みりん風調味料」と呼ばれています。「本物のみりん」と「みりん風調味料」とでは味の差が歴然と違うと知って、試しに本物のみりんである角谷文治郎商店(すみやぶんじろうしょうてん)「三州三河みりん」を購入してみました。mikawamirin (2)

そのままでも飲めるし、料理に使っても美味しかったです。

みりんには、肉や魚の「生臭さを消す効果」や「照り」を出す効果があります。また、みりん自体に「甘味」と「旨味」があるので、料理に使う「砂糖」の量を減らすか無くすことができます。

mikawamirin (1)

ちなみに、料理上手な人に「三州三河みりんって知ってます?」と聞いてみたら知っていました。やはり良い調味料を使うと料理のできが違ってくるので調味料は高いのをケチらず買うそうです。年間でもそれほど消費する訳でも無いですし。

「本物のみりん」と「みりん風調味料」との比較表

本物のみりんみりん風調味料
酒売り場で販売醤油などの調味料と同じ売り場で販売
そのまま飲んでも美味しいそのままでは飲めた物ではない
酒税がかかる酒税がかからない
もち米、米麹、焼酎を原料とするブドウ糖、水あめ、香料、グルタミン酸などが含まれている

「本みりん」として販売していても「醸造アルコール」や「水あめ」などで作っている場合もあるとのことで、信用できる酒蔵が造っている「みりん」が間違い無いです。また、酒蔵が作る「みりん」の味には個性があって微妙に「甘味」と「コク」が違うので、色々試してみて気に入った「みりん」を探してみることをお勧めします。

ちゃんと手間暇かけて発酵させた「みりん」は体に良いし、美味しいのでした。

あと、調べていて分かったのはみりんは元々甘味の強い「高級酒」として飲まれていたとのことです。「調味料」では無くて「飲み物」だったのです。そして、一般家庭にとっては高価な「みりん」が1959年(昭和34年)の酒税法改正で減税されてようやく一般家庭でも本物の「みりん」が手ごろな価格で使えるようになったという経緯があります。

みりんの「甘味」が強いのは、製造過程で「餅米」に「米麹」を混ぜてそこに「焼酎(または醸造アルコール)」を加えて発酵させるため、発酵時にアルコールがあることにより酵母菌によるアルコール発酵が抑えられ米に含まれる「糖」の消費が減り、甘味が残るためです。

日本酒とみりんの大きな違いをざっくり言うと「酵母菌にアルコール発酵をさせるかどうか」の違いです。そのため、良い酒蔵が良いみりんを作れるのは当然です。作り方がほぼ同じなのですから。

私は、価格的にもお手頃で味も気に入った「三州三河みりん」を愛用することにしましたが、他にも調べてみたら何種類かおすすめの「みりん」が出てきたので掲載しておきます。ご参考までに。

角谷文治郎商店(すみやぶんじろうしょうてん)「三州三河みりん」

愛知県碧南市でみりん醸造一筋で創業は明治43年(1910年)100年以上続く老舗。三河地方はみりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場。角谷文次郎商店の三州三河みりん(読み方:さんしゅうみかわみりん)は、国産米だけを使い、焼酎も他社から仕入れるのでは無く自家製焼酎を使うという原材料へのこだわりを持ち、醸造・熟成期間は2年がかりという品物。この商品のラベルは50年以上も変わっていない。職人の信念と確信を感じさせ、歴史と伝統を伝える一品。2016年の伊勢志摩サミットの料理にも使用された「みりん」として有名。

白扇酒造(はくせんしゅぞう) 福来純3年熟成本みりん

福来純3年熟成本みりん(読み方:ふくらいじゅんさんねんじゅくせいほんみりん)を手掛ける白扇酒造株式会社の創業は江戸時代後期。岐阜県加茂郡の酒蔵。清酒「花美蔵(はなみくら)」の醸造元としても有名。飛騨高山の餅米「たかやまもち」、同じく飛騨高山のお米「ひだほまれ」を使った手作りの「米麹」、自家製「焼酎」を原料に90日かけて仕込みが行われた後、蔵の中で3年間熟成させてようやく完成する。あまり知られていないが「7年熟成みりん」や「10年熟成みりん」等のプレミアムな商品も存在する。

九重味醂 九重櫻(ここのえざくら)

九重櫻を手掛ける九重味醂株式会社(読み方:ここのえみりんかぶしきがいしゃ)の本社は先に紹介した「三州三河みりん」と同じ碧南市。創業は安永元年(1772年)という老舗中の老舗。みりん専業としては最も古い創業で、現存する日本最古の醸造元と言われている。三河みりんの創始者。大正から昭和にかけて開かれた全国酒類品評会で唯一の「名誉対象」に輝き「三河みりん」の名を世に広めた。「みりん」について語るなら知らずにはいられない歴史ある一品。

福光屋(ふくみつや) 福みりん

福光屋は石川県金沢市にある日本酒メーカーであり「福正宗(ふくまさむね)」で有名。「酒は自然が醸すもの」を信念に「純米蔵」にこだわり2001年より「純米酒」「純米吟醸」「純米大吟醸」だけを造る酒造メーカーとなった。福光屋の公式HPには「純米蔵宣言」が掲げられており、酒造りに対する真摯な姿勢が伺われる。福光屋が手掛ける「福みりん」はあまり知られていないが、自家製米焼酎を使用した本みりんを3年以上熟成させた本格的な「みりん」であり、一部の書籍などでひっそりと紹介されている。知る人ぞ知るみりん。

馬場本店酒造 最上白味醂(もがみしろみりん)

馬場本店酒造は千葉県香取市佐原にある酒蔵。三百年に渡り、伝統製法を守り「日本酒」と「味醂(みりん)」の醸造を行っている。日本酒では「大吟醸 海舟散人」が受賞歴も多数あり有名。清酒を作る際に「麹」を作る技術が重要となるのだが、その技術を用いて作る「味醂(みりん)」もまた上質。馬場本店酒造が手掛ける味醂(みりん)は珍しい「白みりん」。材料として使用するお米をよく精米して、玄米の外側にある過剰な脂質・タンパク質を取り除き醸造させると色が薄く美しい透明色の「白みりん」となる。逆に、白みりんほど精米せずに醸造した後、長期熟成させると美しい琥珀色の「赤みりん」となる。一般的に「白みりん」は60日~90日の発酵後にしぼり完成となる。発酵後に長期熟成させる「赤みりん」は濃厚で深みのある味のであるのに対して「白みりん」は上品で繊細な味だと言われてる。

味の一醸造 味の母みりん

味の一醸造株式会社は埼玉県狭山市にある醸造会社。1952年創業と以外に若い会社である。創業以来一貫して「味の母」みりんだけを製造している。(※1954年に商品名を「味の一」から「味の母」に変更しているが商品内容は同じ。)「味の母」は日本酒の基となる「もろみ」(原酒)を醸造して、食塩を加え発酵させた後に熟成させたみりん。「みりん」の旨味と「酒」の風味を合わせ持つことから、この1本で「酒」と「みりん」の役割を賄えると言われている。酒税法の許可の関係で「みりん」だけの専業メーカーは非常に珍しい。

ちなみに、このサイトは発酵を何でも手作りでやってしまおうぜ!というコンセプトなので「みりん」も自分で作ってしまいたいのですが酒造法違反となってしまいます。美味しいみりんは買うしか無いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました