甘酒の栄養素・効果・効能

甘酒の栄養素・効果・効能について調べてみました。夏バテ防止に昔から効果・効能をうたわれる甘酒なので栄養もたっぷりで、点滴と成分が似ていることから「飲む点滴」とも言われています。

20150926-kouji

 

家庭でも簡単に作ることができる甘酒ですが、注目すべき含有栄養素としましては「ビタミンB1、B2、B6」「麹酸(コウジ酸)」「三大消化酵素、アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼ」「オリゴ糖」等が挙げられます。

 

それぞれの栄養素の効果・効能は下記の通りです。

 

【ビタミンB群】

ビタミンB群は糖質代謝(炭水化物代謝)に必要な栄養素で、不足すると糖質代謝ができなくなり食欲不振や疲労となり、さらにひどく不足すると脚気の原因となります。また、脳や神経系の唯一の栄養素はブドウ糖なのでビタミンB群が不足すると集中力不足やイライラする原因となります。

 

また、ビタミンB1は水溶性の栄養素のため普段の食事で取りにくい栄養素です。砂糖を過剰摂取すると体内分解する際にビタミンB1を使ってしまうので体内で不足する原因となります。この点、砂糖の代わりに甘酒を使う利点があるかと思います。インスタント食品ばかり食べたり煙草、アルコールなどを過剰摂取してもビタミンB群を消費してしまうので体内で不足する原因となります。

 

【麹酸(コウジ酸)】

麹酸(コウジ酸)は麹菌が作り出す抗酸化物質美白効果があると言われています。活性酸素を抑制したり、シミやほくろの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。麹職人の肌が美しいことから化粧品に使用する研究なども行われて実際化粧品の原材料にもなっています。1988年に医薬部外品の有効成分として厚生省から承認を得ているとのことです。

 

 

【三大消化酵素】

甘酒に含まれている三大消化酵素(アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼ)によって、料理に甘酒や塩麹を使うと食材の旨味が増します。その分他の調味料を減らすことで塩分や糖分の過剰摂取を抑えることができます。

20150926-ryouri

また、人の体内では「消化酵素」と「代謝酵素」とが作られるのですが、両方合わせて一定量しか作ることができません。「消化酵素」を沢山作ればその分「代謝酵素」が少ししか作れなくなります。その逆もしかりです。

 

例えば、消化の悪い物を大量に食べたりすると「消化酵素」を使いすぎて「代謝酵素」の量が不足します。すると新陳代謝が悪くなり基礎代謝で使用するカロリーが減り太る原因になったり、胃腸の調子が悪くなったり、肌荒れの原因になったりすることが考えられます。逆に、風邪などで「代謝酵素」を大量に使用すると「消化酵素」が不足してしまうので食欲が無くなる原因になることが考えられます。

 

甘酒によって三大消化酵素を摂取することで体内の代謝酵素が増えれば、新陳代謝が活発になり、若々しく、肌の調子も良く、胃腸の調子も良い健康状態になるのではないかと思います。

 

【オリゴ糖】

腸内にいるビフィズス菌など腸内細菌の栄養素となり善玉菌の活性化に役立ちます。そのため腸内環境を整えるために必要な栄養素だと言われています。便秘解消のための商品として売られているオリゴ糖もあります。ただ、その価格と効果・効能を比較衡量すると、市販のオリゴ糖をよりも昔からある甘酒に分があると思います。

 

上記のように様々な効果・効能の甘酒です。作り方をを覚えて甘酒生活を送ってみませんか?

甘酒(甘麹)を白砂糖の代わりに使う利点とは?

甘酒(甘麹)を砂糖の代わりに使う事ができます。白砂糖は精製されて作られているのでビタミン・ミネラルが抜け落ちているため過剰に摂取しすぎると、体内でのミネラルバランスを崩してしまいます。

 

特に体内で糖分を分解するのにビタミンB1が消費されます。そして、水溶性のビタミンB1は通常の食事では摂取しづらいビタミンだと言われています。

 

2015-08-02 09.44.52

 

そこで、甘酒を砂糖代わりに使う事で白砂糖で損なわれるビタミンB群を摂取すると伴に、様々な酵素類やオリゴ糖・食物繊維も截取することができるため健康にとって良いことづくめです。また、甘酒(甘麹)を使う事で食材の旨味が増すため料理の味付けに深みが出ると言われています。(塩麹も同じ)

白砂糖には麻薬並の中毒性があるのと副作用があるという説もあります。食べ過ぎるとイライラし易くなったり、冷え性になったり、アレルギー、肩こり、貧血、便秘等々の原因になるとも言われていますし、老化が早まったり痴呆になる原因ではないか?という話もあります。

白砂糖を止めて黒砂糖やてんさい糖を使うという方法もあるのですが、甘酒を白砂糖代わりに使うことでビタミンB群・レジスタントプロテイン・オリゴ糖・酵素などを体に取りいれることができます。

 

メリット豊富な甘酒を砂糖代わりにしてはどうでしょうか?

なぜ甘酒でダイエットが可能なのか?

なぜ、甘酒でダイエットが可能なのか?甘酒は甘いし、清涼飲料水と同じで飲んでいたら太るのでは?この問いについて考えてみたいと思います。そもそもなんですが、米麹を使って発酵させて作る甘酒では砂糖を使いません。(市販の甘酒は砂糖を加えている物もあるので注意が必要です)ですので清涼飲料水を飲むことと甘酒を飲むことはまったく別物だと考えてもらった方が良いです。

 

20150807-marason

 

つぎに甘酒のカロリーは100gで81kcalなのに対して上白糖は100g384kcalとのことです。甘酒は砂糖と比べて21%程度のカロリーしかありません。砂糖の甘みの代わりに甘酒を飲めば満足感が味わえるのに低カロリーという訳です。おやつを甘酒に置き換えるだけでもダイエット効果があるのではないでしょうか?料理に砂糖代わりに甘酒を使うというのも効果的です。

 

また、甘酒に含まれるオリゴ糖と食物繊維が腸内環境を整えてくれるので便秘解消の効果があると言われています。ポッコリお腹が解消されるかもしれません。便秘解消されればデトックス効果もあるので美容・健康面でも効果があります。

 

これは仮説なのですが、「腸内環境が悪い」→「腸内での栄養の吸収が悪くなる」→「本能的にもっと食べる事で栄養を十分に取らないければと体が反応する」→「食欲が止まらない」ということになるのではないでしょうか。腸内環境が良くなれば腸内での栄養の吸収が良くなります。そうすれば体が少し食べても十分に吸収できる事を知り、食欲もおさまるのではないかと推測します。

 

また、腸内環境が悪いと基礎代謝が下がるために太りやすい体質になると言われています。理論的には次のような考え方になるそうです。

 

「腸内環境が悪い」→「腸内での腐敗物が血液に流れる」→「肝臓などが解毒するためにエネルギーを使う」→「肝臓などの臓器が解毒に疲れて基礎代謝ができなくなる」→「基礎代謝が下がる」→「太りやすい体質になる」

 

これらの理由により、腸内環境を整える発酵食品である甘酒がダイエットに効果があるという考えられる訳です。

 

次に、甘酒に含まれる酵素についてなのですが、甘酒には「アミラーゼ」「プロテアーゼ」「リパーゼ」の三大消化酵素が含まれています。巷では「酵素ダイエット」という言葉があるくらい最近は「酵素」が取り上げられています。「酵素ドリンク」なるものが売られていますがかなり高額です。しかし、そんな高額な「酵素ドリンク」を買わなくても甘酒にはしっかり三大酵素が含まれている訳です。訳の分からない新参者の酵素ドリンクとは訳が違います。

 

大体が古くからあるもので残っている物は良い物だから淘汰されずに残っている訳であって、1本5000円から10,000円程度する噂の新商品「酵素ドリンク」なる物をを買う前に、様々な淘汰に打ち勝って残っている「甘酒」の価値を見直した方が良いと思う訳であります。(もちろん高額なだけあって素材も効果もしっかりした酵素ドリンクもあるかとは思います。)

 

ちなみに、「酵素ダイエット」とは、食事の代わりに「酵素ドリンク」を飲むことで空腹感を押さえながら栄養と酵素を補給して無理なく痩せるという方法とのことです。甘酒で酵素ダイエットをするなら、例えば朝食を甘酒にするなどの置き換えをするということだそうです。

 

20150808-tyousyoku

 

ただ個人的には、たしかに甘酒は飲むと満腹感を得られますが、朝食代わりに飲むということまではしたくないかなぁと感じました。しかしながら、朝に固形物を食べずに果物などで過ごすと消化の負担が無くなり体が軽くなるとも言います。気が向いた時に試してみるのも良いかもしれません。この辺りの考え方は個人ごとで違うかと思いますので個人の判断で実践した方が良いかと思います。個人ごとの体調・体格によって合う合わないもあるかと思いますので、色々と試してみて判断した方が良いかと思いました。

 

ちなみに、いきなり甘酒を飲むと血糖値が急に上がるので甘酒の前に野菜やナッツ類を食べるなどすることをお勧めします。白砂糖などの血糖値が急上昇する食品を一気に食べると、細胞にブドウ糖が急激に押し込まれることで細胞膜に炎症が起き老化が進むそうです。甘酒は白砂糖より血糖値上昇は緩やかになるとは思いますが一応気を使っておいた方が良いかと思います。

 

あと、甘酒に含まれる酵素には抗酸化作用もあるそうなので老化を抑える作用もあるというので血糖値の急上昇に注意すればアンチエイジング効果の高い飲み物かと思います。

 

甘酒を飲む前にお勧めなナッツ類として、自分は無添加・無塩のアーモンドを食べています。アーモンドには血糖値を下げる働きがあり、体脂肪やコレステロール値を下げる働きもあります。

 

甘酒が美容に効果的なのは何故か?

甘酒を飲むと綺麗になると言われています。その理由は、麹から作った甘酒には麹が作った100種類以上の「酵素」が含まれているためです。また甘酒にはビタミンB1、B2、パントテン酸、イノシトールピチオンなどの「ビタミン類」「アミノ酸」などの栄養が多く含まれていることも挙げられます。

 

そのため「飲む点滴」「飲む美容液」などとも言われています。江戸時代には「夏バテ予防」として飲まれていて俳句では「夏の季語」として使われていることはあまりに有名です。甘酒に含まれるビタミンB群が疲労回復に効果があると言われていますし、汗で失われるミネラルも多く含み、しかも甘酒に含まれる栄養素は体の吸収が良いと言われています。

20150807-kirai_thumb

 

原料が何か分からないような下手なサプリメントを飲むより断然効果があるはずです。また、昔からある物なので安全性も高く信頼できる食品かと思います。巷で流行っている高額商品の「酵素ドリンク」などに頼らなくても昔からある信頼性の高い飲み物「甘酒」で「酵素」を摂取すれば経済的にも優しく、体にも優しく、いいことづくめなのです。

そして、市販でも甘酒を販売しているのですが、できることなら「手作り」することをお勧めします。何故なら自分で手作りすれば火入れして「酵素」の働きを止めていない、また火を入れないことでビタミンの栄養素も壊れずに済む「生の甘酒」を作ることができるからです。

普通、市販の甘酒のほとんどが火入れしていますし、中には砂糖を加えている物もあります。また火入れして酵素の働きを止めたとしても出来立ての新鮮な甘酒を飲めるという点でも手作りがお勧めなのです。

ちなみに、甘酒は甘いので飲むことで太らないか心配される方もいるかと思いますが、甘酒のカロリーは100gで81kcalとのことです。砂糖は100gで384kcalとのことなので、いかに甘酒が低カロリーなのか分かると思います。

 

健康・美容のために甘酒の作り方を覚えて、甘酒生活を送ってみませんか?

自分で作った方が経済的にもお得です!