甘酒日本酒カクテル

日本酒を飲もうと思って、ふと「甘酒」を足したら美味しいのでは?と思い立ち「甘酒日本酒カクテル」なる物を作ってみました。当然日本酒は甘味が増します。美味しかったのでお勧めです。お好みで炭酸水を加えるとスパークリング的なカクテルになります。オシャレでしょ?? 「甘酒日本酒カクテル」の続きを読む…

甘酒おからクッキー!(甘酒を使ったスイーツレシピ)

甘酒を使ったスイーツ・お菓子を作れないか?と考えて、甘酒おからクッキーを作ってみました。おからを使っているのでソイジョイ(SOY JOY)風の出来上がりになりました。

甘酒おからクッキーの材料

おからパウダー 150g
米粉 100g
小さじ1/3
ココナッツオイル 30g ※湯せんして溶かして使用
甘酒 50g
砂糖(きび砂糖) 25g ※蜂蜜で代用可
ココアパウダー 20g
1個
牛乳 または 豆乳 少々 ※甘酒を多めに入れて代用可能
チョコチップ 甘さを追加したい人はチョコチップ等がお勧めです。

自家製おからパウダーの作り方

おからパウダーは市販の物があるのですが、手作りした方が美味しいし安いだろう。と考えて手作りしました。生おからはスーパーで1袋300g50円くらいで売っていました。パウダーにすると水分が飛んで重さが半分以下になります。

おからパウダーの作り方は簡単です。生おからをフライパンでサラサラのパン粉状になるまで弱火で炒るだけです。木べらを使って塊を壊しながら炒ります。完成したおからパウダーをフードプロセッサーなどで粉砕するとより細かくなります。

楽したい方は、フライパンで炒る前に、おからを耐熱容器に入れてラップをしないで電子レンジで500W3分ほど温めて水分を飛ばします。

フライパンで炒るのが面倒な方は、電子レンジの加熱をしてはかき混ぜてを繰り返して、水分を飛ばしておからパウダーを作ることも可能です。

生おからをおからパウダーにしておけば、冷蔵庫で長期度保存可能になります。冷凍しておけばさらに長持ちです。

2017-07-17 05.34.03

弱火で焦がさないように根気よく炒ります。2017-07-17 05.57.27

水分が飛んでサラサラのパン粉状になればおからパウダーの完成です。

甘酒おからクッキーの作り方

「おからパウダー」「米粉」「塩」「砂糖」「ココアパウダー」を良く混ぜます。袋に入れてシャカシャカすると全体的に良く混ざります。ボールに入れて混ぜてもOKです。次に、湯せんして溶かした「ココナッツオイル」と「甘酒」「牛乳」を入れてこねます。袋を使ってこねていると全て袋の中で完結するので汚れ物が少なくて簡単です。

板状に伸ばして整形します。冷蔵庫で1時間程度寝かします。1時間経ったら取り出して包丁で好みの大きさに切り分けます。

オーブンレンジ170℃で25分焼けば完成です。途中で裏返すと両面焼けるので焼け具合が良くなります。焼き加減が足りなければ焼き時間を追加して下さい。焼き時間はクッキーの水分量によって微調整お願いします。自分はオーブンレンジで焼いた後にトースターで3分くらい追加で焼きました。

2017-07-18 01.50.10

※「ココナッツオイル」の代わりに「バター」、「牛乳」の代わりに「豆乳」等で代用しても良いかと思います。

※包丁で切ったあとの切れ目を整形した方が見た目綺麗になったかなぁと後で反省。ソイジョイっぽい形に整形しても面白いかも知れません。

甘酒おからクッキーの味

甘酒おからクッキーを作って食べてみた感想ですが、食感がソイジョイ(SOY JOY)っぽいと思いました。おからを使っているせいかと思います。出来上がりは甘酒の甘さがメインなので甘さ控え目です。甘さが必要な方はチョコチップを加えるか砂糖・ハチミツなどを加えるかして調整して下さい。

他の人に食べてもらって感想を貰ったところ、クッキーというよりダイエット的な何か・・・ソイジョイみたいだね。と言われました。やはり材料におからを使っているからでしょう。取りあえず「甘く」無い。お菓子っぽく無いとの感想でした。

 

袋の中で材料を混ぜるとお手軽です。

甘酒寒天レシピ(甘酒を使ったスイーツレシピ)

甘酒寒天のレシピを作ってみました。寒天の主な原料は「テングサ」と「オゴノリ」という海藻で水溶性の食物繊維が豊富です。そのため糖の吸収を穏やかにすると言われています。甘酒と相性が良さそうなので、このブログでは色々と作って試してみたいと思います。

P_20170409_201937-kanten

材料に使う寒天の種類は何が良いか?

実際に寒天を作ってから調べていて分かったのですが、「粉寒天」は製造過程で圧縮して水分を排出するため、寒天に含まれる「アガロペクチン」も一緒に流れ出てしまうとのことです。「アガロペクチン」は「抗がん作用」「美肌作用」「紫外線からコラーゲンの破壊を守る作用」などがあると言われています。

つまり買うなら「角寒天」か「糸寒天」がおすすめなのです。自分は「粉寒天」を購入していしまいました。スタートで失敗していました。なんてこった!

ただ「粉寒天」は溶かし易くて使いやすいという特調はありますし、水溶性コラーゲンがあるので糖の吸収は穏やかにしてくれるはずです。値段的なことを考えると「粉寒天」もありかとは思います。とりあえず今回は、良しとして使い切ってから「角寒天」か「糸寒天」を購入しようと思います。

寒天甘酒

最初に挑戦したのはベーシックな寒天甘酒です。

「甘酒400cc」に「寒天4g」を入れて良く混ぜながら軽く沸騰させます。寒天が解けたら、容器に流し込み冷蔵庫で冷やして完成です。P_20170409_223350-amazakekantenbasic

作った後で思ったのですがお米の米粒感があります。手間ですが、裏ごしすると見た目と触感が変わりそうです。過去記事に甘酒の裏ごしについて書いた物があります。ご参考までに。

ゼリー状に固まっていて食べやすく、甘酒の甘味があって中々美味しくできました。甘酒寒天の基本ですね。

甘酒を料理の隠し味に使う人気レシピ

米麹から作る甘酒は麹菌が作り出した酵素によって様々な栄養が豊富です。ビタミンB群・パントテン酸・イノシトール・ビオチン・食物繊維・グルタミン等々。今回は、その栄養豊富さ故に「飲む点滴」とまで言われる「甘酒」を料理に使うことで栄養補給をすることは当たり前!

甘酒に「隠し味」として活躍してもらおうという試みです!様々なレシピを試してみます。ちなみに、ほのかな甘みが隠し味になるのと、甘酒に含まれているペプチドによって、コクが出ると評判です。塩麹を使った料理も評判が良いので、甘酒を使えば甘みを加えたいときに重宝するはず!?

塩味なら塩麹、甘味なら甘酒。塩と砂糖の代わりにあらゆる分野の料理に使えるはずなので、下記に挙げた料理以外でも何にでも使えそうです。

甘酒味噌汁

味噌汁に甘酒をお好みで加えるだけです。コクと甘味がでます。

甘酒肉じゃが

肉じゃがを作る際に砂糖の代わりに甘酒を使います。コクと甘味がでます。甘酒は砂糖とは違い多糖類に分類されて太りにくいとのことです。安心して料理に使えます。

甘酒筑前煮

筑前煮を作る際に砂糖の代わりに甘酒を使います。コクと甘みがでます。

甘酒ヨーグルト

よく、プレーンヨーグルトを買うと一緒にブドウ糖が付いてきます。そのブドウ糖の代わりに甘酒を使うだけです。ほのかな甘味です。

甘酒田楽味噌

田楽味噌を作る時の砂糖代わりに甘酒を使います。発酵食品の味噌も米麹を作って作るものなので味噌と甘酒は相性が良い様です。

カレーの隠し味に甘酒

カレーの隠し味にリンゴ・チョコレート・ハチミツなどを使うことは良く知られています。そのことを踏まえて考えると甘酒を隠し味に使うのも頷けます。コクが出てまろやかになります。甘酒の中にある米粒もカレーと合わさると違和感無さそうです。甘酒が隠し味のカレーってなんとなく和風ですよね!?

シチューの隠し味に甘酒

カレーの隠し味に使えるなら、たぶんシチューにも使えるはず!ですよね。でも、わざわざ使うほどでも無いような気もしないでもない。

甘酒蒸しパン

蒸しパンを作る際に砂糖代わりに甘酒を使います。優しい味になります。お米派にもパン派にも受け入れられる??

甘酒アイス

甘酒アイスは甘い甘酒を作れるかどうかが鍵です。裏ごしした甘酒を使うのもポイントです。甘酒だけでなくカルピスも加えて作ってやると爽やかな甘酒アイスになりお勧めです。甘味が足りない場合は、ハチミツやデーツなどで甘みを追加してやると上品なアイスになります。添加物の無い高級アイスは格別に美味しいです。

2015-10-11 amazake aice

甘酒プリン

甘酒プリンは意外と美味しいと評判良いです。甘酒アイスも美味しかったですし。これも裏ごしした甘酒を使った方が良いですね。

甘酒寒天

寒天は主に「テングサ」と「オゴノリ」という海藻が原料。そのため水溶性食物繊維が豊富。「糖の吸収を穏やかにする効果」と「デトックス効果」があると言われています。また、寒天に含まれる「アガロペクチン」には美肌効果・紫外線からコラーゲンの破損を防ぐ・コレステロールの低下・抗がん作用などがあると言われています。

糖の吸収を穏やかにする「寒天」と「甘酒」の組み合わせは相性が良さそうです。

使う寒天は、粉寒天が溶かしやすく、使いやすくて便利です。ただ、アガロペクチンを多く取りたい場合は「糸寒天」「角寒天」等の方がおすすめ。粉寒天は製造時に圧力で脱水するため、アガロペクチンが流出するそうです。

P_20170409_201937-kanten

 

コーヒー甘酒

カフェオレのような感じの仕上がりを予想していたのですが、実際は!?試してのお楽しみということで。コーヒーにお米が浮いている絵はちょっと不思議です。

料理用甘酒のおすすめな保管方法

甘酒を冷凍キューブにして保存しておくと数か月保存できます。アイストレーの選び方のポイント「蓋付き」の物が他の物の臭いが付かずに衛生面でもお勧めです。また、「重ねられる物」が冷蔵庫内で場所を取らずに便利です。少しひねると「簡単に冷凍甘酒キューブが取り出せる」点も重要です。あとは大きさ」が料理に使うのにちょうど良く、大きすぎず小さすぎずのバランスが良い点も押さえておきたい所です。ちなみに、百円均一のはショボくてスグに壊れてしまうので避けた方が無難です。安物買いの銭失いになる可能性が高いです。