甘酒が美容に効果的なのは何故か?

甘酒の利点
スポンサーリンク

甘酒を飲むと綺麗になると言われています。その理由は、麹から作った甘酒には麹が作った100種類以上の「酵素」が含まれているためです。また甘酒にはビタミンB1、B2、パントテン酸、イノシトールピチオンなどの「ビタミン類」「アミノ酸」などの栄養が多く含まれていることも挙げられます。

そのため「飲む点滴」「飲む美容液」などとも言われています。江戸時代には「夏バテ予防」として飲まれていて俳句では「夏の季語」として使われていることはあまりに有名です。甘酒に含まれるビタミンB群が疲労回復に効果があると言われていますし、汗で失われるミネラルも多く含み、しかも甘酒に含まれる栄養素は体の吸収が良いと言われています。

20150807-kirai_thumb

原料が何か分からないような下手なサプリメントを飲むより断然効果があるはずです。また、昔からある物なので安全性も高く信頼できる食品かと思います。巷で流行っている高額商品の「酵素ドリンク」などに頼らなくても昔からある信頼性の高い飲み物「甘酒」で「酵素」を摂取すれば経済的にも優しく、体にも優しく、いいことづくめなのです。

そして、市販でも甘酒を販売しているのですが、できることなら「手作り」することをお勧めします。何故なら自分で手作りすれば火入れして「酵素」の働きを止めていない、また火を入れないことでビタミンの栄養素も壊れずに済む「生の甘酒」を作ることができるからです。

普通、市販の甘酒のほとんどが火入れしていますし、中には砂糖を加えている物もあります。また火入れして酵素の働きを止めたとしても出来立ての新鮮な甘酒を飲めるという点でも手作りがお勧めなのです。

ちなみに、甘酒は甘いので飲むことで太らないか心配される方もいるかと思いますが、甘酒のカロリーは100gで81kcalとのことです。砂糖は100gで384kcalとのことなので、いかに甘酒が低カロリーなのか分かると思います。

健康・美容のために甘酒の作り方を覚えて、甘酒生活を送ってみませんか?

自分で作った方が経済的にもお得です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました